【3ページ目】ブログトップ | ヴァイスシュヴァルツ ブラウ | トレカ通販・買取ならカードショップ -遊々亭-

【3ページ目】ブログトップ | ヴァイスシュヴァルツ ブラウ

ヴァイスシュヴァルツ ブラウ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ヴァイスシュヴァルツ ブラウに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ヴァイスシュヴァルツ ブラウ担当アカウント@yuyutei_wsb 遊々亭公式アカウント@yuyuteiNews

「デッキってどうやって組み上げていくの? WSBにおけるデッキの組み方について」

    posted

    by ひっきー

    「デッキってどうやって組み上げていくの? WSBにおけるデッキの組み方について」
    やっはろー!BCFお疲れ様でした。
    ひっきー(@August88August)さんです。
    今回の記事はBCFを通じて知り合った方々からお話を伺うなかで[デッキの作成方法]について知りたいとご要望いただきましたので私なりに記事にしてみました!


    はじめに
    この記事は初心者-中級者向けになります。
    厳しい言葉を使っている場合もございますのであらかじめご容赦ください。


    前置き
    WSBを始めたてのプレイヤーの皆様をはじめ、デッキを作成するにあたり入賞者・公式がお勧めしているデッキレシピを参考に組み上げることが多々あるかと思います。

    その行動については正解だと思ってください。
    右も左もわからない中でスタートするにあたり、一番わかりやすいデッキの形だと私も思います。

    しかし、そのデッキレシピを真似ただけではだめです。
    そのデッキレシピは使用者の意図が反映されております。
    そのため、その意図を少なからず理解する努力をしなければ勝ち負けの点では結果はついてきません。

    またそのデッキレシピをみて、
    なんで「●●」がデッキに「●枚」なのだろうなど疑問に感じることもあると思います。
    解説がない中で真似ても使ってみて使い辛いケースも出てくると思います。

    今回はそういった方々へのフォローとして簡単ながら記事にさせていただき読み返せるようにさせていただきました。


    スタートライン
    WSBは特定のカードにアクセスする手段が少ないカードゲームとなります。
    そのため、始めたてのプレイヤーの皆様には下記のようなデッキの作成方法からスタートすることをお勧めします。


    デッキレシピ
    レベル0
    20
    レベル1
    11
    レベル2
    1
    レベル3
    10
    クライマックス
    8



    最初から複数色をデッキに入れるのではなく、1つの色に絞ってデッキを作成することをお勧めします。
    私もWSは1つの色で作成したデッキからスタートしました。
    1つの色のみで構成することで、レベルアップ時の色の発生で問題が起きることがありません。
    また、1つの色でのデッキ構成となるので、枠を埋めるために採用されるカードが基本的に同名カード4枚採用されることが主となります。

    ※同名カードを4枚採用することの意味を補足説明として記載します。
    →先に記載した[WSBは特定のカードにアクセスする手段が少ないカードゲームとなります]に通じるのですが舞台に登場させたいのにドローできなかった・集中に依存してしまう結果となったなどのリスクを抑えることができます。
    もちろん、なんでもかんでも4枚入れろ!というわけではありませんが4枚入れることのメリットをスタートラインとして経験できることは大きいと私は思っております。
    また、スタートラインですので勝ち負けに意識を向けるのではなく[アタックできるキャラクターカードが手札にないゲームを作らない]・[集中はどう使うか]・[どういったカードは4枚入れたほうがよいか]など動かし方に着目しゲームを楽しんでください。


    サンプルデッキで感じてほしいこと
    サンプルデッキで私が伝えたい意図をここに残しておきます。

    • 1. 2nd D.R.B 1st Battle 白膠木 簓(HPMI/01S-079)
    • 山札からキャラクターカードにアクセスできるカードとなります。アタックできるキャラクターカードを用意することやそのターンにほしい・次のターンにほしいキャラクターカードにアクセスできる潤滑油の重要性を感じてほしいです。
      集中が<Extra Wardrobe 02 山田 一郎>を採用しておりますので集中は控え室を山札は<2nd D.R.B 1st Battle 白膠木 簓>と役割を分けております。


    • 2. 6th LIVE <<2nd D.R.B>> 天谷奴 零(HPMI/01S-094)/2nd D.R.B 1st Battle 山田 二郎(HPMI/01S-004)
    • 序盤のアタッカーのパワーラインの重要性を感じてほしいです。条件達成で3500のラインはかなり相手に負荷を与えることができます。相手ターン終了時に舞台に残っているだけで得られるアドバンテージを学んでほしいと思っております。
      また、<Extra Wardrobe 02 躑躅森 盧笙>を1枚舞台に配置するだけで4000のラインを形成できる点もGoodです。

    • 3. CROSS A LINE 白膠木 簓(HPMI/PR-015)
    • 条件達成で6000のラインを形成できる点は素晴らしいです。先の<Extra Wardrobe 02 躑躅森 盧笙>を1枚舞台に配置しておけば6500ですので多くのCXコンボを持つキャラクターカードがCX込み6000のラインがベースになることを考えると面の堅さが輝きます。
      同時に、<6th LIVE <<2nd D.R.B>> 山田 一郎>を採用しておりますので、助太刀込み9000のラインを相手に意識させることもできるだけでなく、[助太刀]とはどういうものかを少なからず学べる機会にもなればと思います。

    • 4. Extra Wardrobe 02 白膠木 簓(HPMI/01B-025)
    • 上位キャラクターカードをLv2(早出し)することで得られる経験を学んでほしい。
      クロック置場のダメージを回復させることで被ダメージ量を減らすだけでなくアタッカーとしても強力なキャラクターカードをLv2で登場させることのメリットも学んでほしいと思っております。

    • 5. 2nd D.R.B 1st Battle 山田 一郎(HPMI/01S-013)
    • 雑な説明となってしまいますが、詰めと呼ばれる終盤で勝つためにCXコンボを持つキャラクターカードを使ってほしいと思いました。
      様々なCXコンボ持ちのキャラクターカードがありますが1枚で7点生成できる<2nd D.R.B 1st Battle 山田 一郎>が分かりやすいと思い今回採用させていただいております。

    ネクステージ
    デッキ作成における採用色を複数にしてより知見を得る段階ととらえてください。
    また慣れ始めたら、どのカードはどの枚数にすべきかが各プレイヤーごとに感じるものがあると思います。
    例えば、CXを入れ替えるキャラクターは1-2枚にするなど条件が限定されるもののゲームで1回は使う可能性のあるカードなどの採用枚数に正解はありません。
    そのため、組んだプレイヤー1人1人に採用枚数に理由があると思います。
    この感覚に気づき始めると入賞レシピを参考にデッキを回してみるとそのプレイヤーの感性や採用傾向にご自身の感性を混ぜて自身の肌にあったデッキ内容に進むと思います。
    ※あくまで勝敗への優先度より遊ぶことにおいてストレス軽減に注視した歩み方です。


    補足
    WSで類似効果をもったテキストを参考にWSで入賞したデッキに近いデッキを作成しようと思う方もおられるかと思います。
    ※直近でイメージできるものとして、新テニスの王子様が挙げられます。


    レベル0
    14
    4枚
    4枚
    2枚
    4枚
    レベル1
    4
    4枚
    レベル2
    15
    4枚
    3枚
    2枚
    レベル3
    9
    クライマックス
    8



    参考にすることは有意義なものですが、WSとWSBでは同タイトル内に存在するカードの種類やテキスト・カードパワーが違うため参考程度に止めておきましょう。
    表現が正しいかはわかりませんが、WSに近いデッキを作成することができるのであれば多くのプレイヤーがそのタイトルを使用し結果を出すイメージです。
    そうではないということは、WSBではWSよりも完成度が低い・欠点(弱点)が露呈しているなど勝敗において優位性を欠いていると思われます。
    ※京都地区で使用した新テニスの王子様の記事にも記載しておりますがリスクを相応に背負っているため遊ぶうえでの注意事項を記載させていただきました。
    そのためWSに近づけようとするのではなくWSBでできる範囲かつ優位性を保てる範囲でのデッキ構成をすることから始めることをお勧めいたします。


    まとめ
    デッキを作成する上で正解はありません。
    結果を出したデッキ=正解ではないということです。
    1つの参考例として止めていただけますと幸いです。
    結果を出した人=正解でもないということですので併せてご認識ください。
    遊びかた、向き合い方も違えば採用するカードも人それぞれです。
    ただ、入口がわからない中で手さぐり状態になるよりも基盤となる指標があると遊びやすいと思い今回の記事を執筆させていただきました。
    私の記事はあくまで私が歩んできたスタートラインですので、ほかにも良いスタートラインがあるかもしれません。
    周りのご友人の話など取り入れられることは取り入れてみるのも1つだと思います。
    もし、お好きなタイトルでわからないことや気になることがありましたらご友人やDMでも構いませんのでご質問ください。

【販売ランキング】「新テニスの王子様」編

    posted

    by -遊々亭- WSB担当

    WS販売ランキング.jpg
    【販売ランキング】「新テニスの王子様」編

    こんにちは!遊々亭@ヴァイスシュヴァルツブラウ担当です!
    今回は5月10日発売の「新テニスの王子様」の販売ランキングTOP5を公開したいと思います!

    どのようなカードが注目されているのか!?
    是非ご覧ください!


    BTR_WS_RANKING.jpg


    【販売ランキング】「新テニスの王子様」編

    1位

    • R 氷帝学園中等部
    • あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。(:このカードがトリガーした時、あなたは自分の控え室のCXを1枚選び、手札に戻してよい)

    販売ランキング1位は『氷帝学園中等部』でした!


    2位

    • RR 財前 光
    • 他のあなたの《テニプリ》のキャラすべてに、パワーを+500。[ストック①][手札を1枚控え室に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《テニプリ》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

    販売ランキング2位は『財前 光』でした!


    3位

    • R 青春学園中等部
    • あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。(:このカードがトリガーした時、あなたは自分の控え室のCXを1枚選び、手札に戻してよい)

    販売ランキング3位は『青春学園中等部』でした!


    4位

    • RR 跡部景吾
    • このカードのバトル相手がした時、あなたのCX置場に「氷帝学園中等部」があるなら、あなたは自分の控え室の《テニプリ》のキャラを1枚まで選び、手札に戻し、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『[ストック①]このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのアタック中、あなたはトリガーステップにトリガーチェックを2回行う。』

    販売ランキング4位は『跡部景吾』でした!


    5位

    • RR 木手永四郎
    • [ストック①]このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのアタック中、あなたはトリガーステップにトリガーチェックを2回行う。このカードがした時、このカードのバトル相手のレベルが0以下なら、あなたはそのキャラをしてよい。

    販売ランキング5位は『木手永四郎』でした!




    今回のランキングは以上になります!
    次回の販売ランキングもおたのしみに!



    遊々亭公式X(Twitter)、ヴァイスシュヴァルツブラウ担当X(Twitter)では、更新情報や、X(Twitter)限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式X(Twitter)】 @yuyuteiNews
    【遊々亭@ヴァイスシュヴァルツブラウ担当X(Twitter)】 @yuyutei_wsb

地区大会使用デッキの紹介 -新テニスの王子様-

    posted

    by ひっきー

    地区大会使用デッキの紹介 -新テニスの王子様-
    挨拶
    天気の変化が激しい季節となり、体調管理に気を付けなければいけない季節に入りましたね。残すところ名古屋・北海道地区となりました。

    今回は、京都地区にて私が使用したデッキ(新テニスの王子様)を紹介させていただきます。


    デッキレシピ
    レベル0
    14
    4枚
    4枚
    2枚
    4枚
    レベル1
    4
    4枚
    レベル2
    15
    4枚
    3枚
    2枚
    レベル3
    9
    クライマックス
    8


    デッキコンセプト
    越前リョーマ>を使用する上でソウルアイコンを持つキャラクターカードを多く入れるため<海堂 薫>をなるべく舞台に残せることをコンセプトに作成しております。


    作成にあたり考えなければいけない点
    デッキを作り上げていく中でいくつか悩んでいたことを上げていきます。

    1.「新テニスの王子様(TNPR/01B-064B)」の採用は必須か否か
    越前リョーマ>がソウルアイコンを参照するCXコンボのためイベントであるこのカードとの相性は悪いです。ただ、メリットとして山札を確認し必要なキャラクターや「越前リョーマ(TNPR/01B-047)」 ・ソウルアイコンのないキャラクターカードを抜くなど用途はあるので悩ましい問題でした。
    私は、イベントに干渉できるカードがないことや山札にイベントが残ることでゲームを落とすことを避けたかったので今回は採用を断念しました。
    2. 「仁王雅治(TNPR/01B-008)」&「柳生比呂士(TNPR/01B-018)」の採用の有無
    柳生比呂士> の共鳴のために<仁王雅治>を採用することは必須なのですが「仁王雅治(TNPR/01B-008)」を舞台に登場させることがなく、ほとんど舞台に登場しないカードの採用はいかがなものか考え、今回採用を断念しております。
    上位キャラクターカードを倒す役割は、<河村 隆>を採用しております。

    3.レベル0のキャラクターカードをどこまで採用するか
    デッキレシピをみていただけるとお分かりかと思いますが、レベル0・レベル1をかなり抑えております。
    WSBから始められたプレイヤーの皆様には不安を感じる構成になるかと思われます。
    構築当初から必要最低限のシステムキャラクターで構成しておりましたがアタックできない可能性をもつ配分・構成のためリスクをどこまで抑えるか悩みました。
    財前 光>だけでは不足だと感じることは多々ありましたので門8枚であることからクライマックスを抱えこみやすいことを少しながらメリットととらえ、キャラクターカードに変換できる<不二裕太>を採用し不安材料を微力ながら解消するよう図りました。

    4.終盤の舞台形成の最低配置について
    越前リョーマ>を前列に何枚置くかという舞台想定から逆算する必要があります。
    私は当初、「越前リョーマ(TNPR/01B-047)」を3面並べることが必須と思いデッキ構築とプレイを行っておりました。
    何度かデッキを回していると構成が門8枚であってもCXがなく「越前リョーマ(TNPR/01B-047)」が手札に1枚~2枚などイメージとのずれがおきました。
    そのため、「越前リョーマ(TNPR/01B-047)」(2枚)+<青学 不二周助>(1枚)を配置することを最低ベースで考えゲームを行っております。


    各レベル帯での考え方について
    前回の記事の補足説明)

    レベル0~レベル1まで
    海堂 薫>の復帰効果に大きく依存しております。
    「海堂 薫(TNPR/01B-048)」以外のアタッカーかつ「海堂 薫(TNPR/01B-048)」または状況に応じて必要なキャラクターカード へアクセスするために<財前 光>を採用しております。
    ※「財前 光(TNPR/01B-001)」は序盤・中盤・終盤でも活かすことができるだけでなく抱えたクライマックスカードや中盤まで不必要なキャラクターカードを序盤に必要なキャラクターカードへ変換することができるので4枚採用となっております。
    ※注意:先攻・後攻ともに最初のアタッカーとして配置するのは控えましょう。次ターンのストックを使用しアタッカーを呼び込むためのカードとして使用します。

    また、「海堂 薫(TNPR/01B-048)」の復帰効果を活かすためにもレベル2以上のカード採用が多くなる構成になります。
    ※レベル2以上のカードにはソウルアイコンを持つカードが多いことも起因しております。

    集中は<忍足謙也>を採用しました。
    手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。このテキストが非常に魅力的です。
    山札の上を確認できるアドバンテージは集中に活かすこともファーストアタックでクライマックスを捲らないためのケアとしても有効的に働きます。

    レベル1では<跡部景吾>がメインのアタッカーとなります。
    白石蔵ノ介>を当初採用しておりましたが手札アドバンテージが必要と感じることがあったためソウルアイコンはありませんがCXコンボを優先し「跡部景吾(TNPR/01B-045)」の採用に至りました。
    トリガーチェックにて門のCXが出てきても「跡部景吾(TNPR/01B-045)」の『[ストック(1)] このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのアタック中、あなたはトリガーステップにトリガーチェックを2回行う。』でケアできるのは大きな魅力に感じます。
    レベル2
    一氏ユウジ>&<金色小春>のコンビペアを登場させます。
    前列は「一氏ユウジ(TNPR/01B-020)」&「金色小春(TNPR/01B-019)」を各1体後列に<手塚国光>を配置するように舞台形成します。
    ※あくまでベースとなる考え方となりますので前列に関しては状況に応じた対処をお願いします。
    後列に「手塚国光(TNPR/01B-046)」は配置しましょう!
    レベル3
    「4.終盤の舞台形成の最低配置について」で記載させていただいた内容でプレイします。

    手塚国光>の山札の上2枚を確認するテキストにてソウルアイコンがないキャラクターカードが見えた場合はそのカードをトップに置き<忍足謙也>を手札から登場させることでそのソウルアイコンのないカードを控え室に落としたり、<青学 不二周助>の登場時のテキストで加えるなどします。
    テニスの王子様で遊ぶ上での注意事項
    ストックを積む(キャンセル可能性の高い山札を形成する)タイトルにはとても不利となるタイトルです。
    タイトルの一例として、東京リベンジャーズ・ホロスターズがあげられます。
    テニスの王子様の利点はソウルアイコンの多さです。
    果敢に攻めつつ、自身の手札の枚数・質の管理は欠かせませんが不利となるタイトルを相手にする場合は決定打になる前に少し早めのアクション(攻める勇気)を持つと得るものがあると思っております。


    まとめ
    門8枚にせず<さらば 手塚国光>を数枚入れることも候補に感じました。
    構築上扱いが難しいタイトルのため神経を使いましたが、1つの形になってよかったと思います。
    また2地区残っておりますので、是非ご興味あるかたは参考にしていただければ幸いです。

遊々亭 秋の感謝祭 第1弾 開催!!

by -遊々亭- WSB担当

READ MORE